MUSIC MANIA

人生を音楽の力で楽しく生きるための音楽ブログ(ミュージックマニア)

映画「クローサー」のオープニングで流れた「ダミアン ライス」

time 2017/10/06

冬に聴くなら絶対これ「ダミアン・ライス」の「O」というアルバム

アイルランドが生んだ吟遊詩人、ダミアン・ライス
繊細な歌声とシンプルな歌詞、そして優しく響くフォーキーなギター。

私がダミアン・ライスを知ったきっかけは、2005年に上映された映画「クローサー」という映画。
映画の冒頭でこの曲に完全にノックアウトされました。
映画ももちろん良かったですが、シンガーソングライター好きな私は完全にやられた感が強かったのを今でも覚えています。

ロンドンの雑踏を登場人物のナタリー・ポートマンが演じる赤いショートヘアの少女、ジュード・ロウが演じるDan(ダン)が歩いてくるシーンで始まります。
そこにこの曲です。Damien Rice(ダミアン・ライス)の自作自演の
「” The Blower’s Daughter “」メロディ、歌声、楽器の音、全く無駄のない音使い。全てがそろった名曲です。

Damien Rice/O

そんな名曲が入ったアルバムが「O」。な・ん・と、こちらメジャー1作目のとんでもない名曲揃いのアルバムです。
このアルバムでアイルランドでプラチナム、UKでゴールドを獲得。
ハズレ曲なしってぐらい、えらいもん作ってまいよった〜〜ってアルバムです。知らない方は絶対聞いて欲しいアルバムです。

1. Delicate
2. Volcano
3. The Blower’s Daughter
4. Cannonball
5. Older Chests
6. Amie ★
7. Cheers Darlin’
8. Cold Water
9. I Remember
10. Eskimo

★個人的にこのアルバムで同じぐらい好きな曲「Amie」のライブもどうぞ!

iTunesで紹介

https://itunes.apple.com/jp/album/o/id41864569

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)